●目的
   職業体験を通して働くことの尊さと意義に気づかせ、生徒一人ひとりの夢と希望を育み、自己の将来について真剣に考える態度を養う。
   地域の職場や身近な人々の仕事を体験することによって、その真実に迫り、人間関係や交流をさらに深め、幅広いものの見方、考え方を身につける。
   体験学習で学んだことを今後の学校生活の糧とし、建設的な学級づくり、学年学校づくりへの手がかりとする。
基本的に一日(朝から晩まで)その事業所にいさせてもらって、何らかの仕事に関わる
ことで頭の中のイメージと実際の違いを感じさせたい。


●内容
  各クラスの生活班ごとに地域の職場を訪れ職業体験(作業・実習)を行う。
  事後、レポートに体験をまとめ学年集会で発表会を行う。
   
●対象
  市内の職場を原則として、その他生徒になじみの
深い職場に協力を依頼
  (商店・農家・工場・福祉施設・病院・保育園・福祉施設・
レストラン・スーパー・美容院・理容院・その他公共施設等)
ほんとうにいろいろな職業を体験しました!!