学校長より
 
 
2019年2月学校だより
「球際(たまぎわ)」 
長 田所 泰久
 スポーツの用語で、「球際(たまぎわ)」という言葉があります。この言葉は、読売ジャイアンツの川上哲治(1920−2013)監督が、相撲の「土俵際」から創った造語と言われています。
 「球際」=野球やサッカーで、ボールを勝負どころぎりぎりで打ったり捕球したり、あるいは蹴ったりすること、もう少し言えば、野球での捕球時やサッカーでのボールの奪い合いの際などについていうようです。
 例えば、同じ内野ゴロを取るにも、危なっかしい恰好(かっこう)ながら倒れ込んでもボールをグラブでつかんでいる選手は「球際に強い」と言います。逆に華麗なフォームで捕球しに行っても、あと一歩で届かず、ボールがスルリと抜けていく選手は、「球際に弱い」ということになります。

  味方同士のパスやドリブルなどについての簡単なボールはとれても、強めのボールはファンブルしてしまう弱さが、勝敗に影響した経験はなかったでしょうか。相手からのボールを受け止めるとき、最後まで目を離さずに処理できる球際の強さがあったでしょうか。

こうした球際を強くするためには、経験値を高めて予測できるようになる「読み」と、何回も練習した後に身に付いてくる「技能」、そして、ボールに対して謙虚に対応する「精神」が必要になってきます。言い換えれば、「このくらいいいや」、「手を少しくらい抜いても大丈夫」という考えが、最も足を引っ張るものと思います。
 テスト対策を例にすると一層わかりやすいかもしれません。わかっているのに点数がとれない、すなわち問題を解くにあたりケアレスミスをして間違えてしまうのは、球際の弱さかもしれません。もし、思い当たることがあるなら、今後の生活や学習への取り組みなどに生かしてもらえたらなと考えます。

最近、危惧していることがあります。それは何でも効率化が図られ楽をしようという、社会の動きが主流になりつつあることです。楽をしたい気持ちはわかりますが、それによって得られるものと、失われるものがあることを、私たちは知るべきであると考えます。



・グランドデザイン

・学校教育目標
「温かい学校 感動あふれる学校」

・目指す学校像
○時を守る ○場を清める ○礼を尽くす

学校だより 4月 5月 6月 7月 7月A 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 最終号


         
「子どもの無限の可能性を求め、実践する学校」を目指して
共に高め合おう 創ろう感動体験 〜花と緑 潤いのある学校〜