学校長より
 
 
2018年7月A学校だより

 
教 頭  遠 藤 敏  


1学期修了のち夏休み ときどき図書館のすすめ 
 

怒涛の1学期が終わり、いよいよ明日から夏休みです。入学式から約3ヶ月半が過ぎ、ぶかぶかに見えた1年生の制服姿も、いつの間にかしっくりしてきました。先月行われた2年生の鎌倉校外学習では、紫陽花が美しく咲き誇る中、班の男女が仲良く行動していたのが印象的でした。3年生は3者面談を終え、新しい目標に向かってスタートを切ったところです。先週の土曜日には、文化部発表会と県大会の壮行会が体育館で行われました。壮行会の際に、ステージに登壇した部長の皆さんの立ち振舞いは、とても立派で驚きました。心から健闘を祈っています。
  さて、38日間の長い夏休みを目前にした皆さんに、「『図書館』の魅力」について、書きたいと思います。私は『図書館』が好きです。本が好きというのもありますが、あの独特の雰囲気が漂う空間が心地よく、自分が学生の頃は、よく足を運んでいました。特に夏休みには、勉強道具を山ほど抱えて訪れ、何時間も過ごすこともありました。皆さんもご存じのとおり、図書館ではおしゃべりをすることができません。図書館の魅力とは、そのルールのもとに強制的に一人を楽しむ空間が保証される、ということなのではないかと思います。そこで私は自分自身と向き合って、あれこれと考えたり、お気に入りの本の登場人物に想像を馳せたりして楽しんでいました。さいたま市には素敵な図書館がいくつもあります。この夏休み、気持ちに余裕がないなと感じるとき、お気に入りの本を探しに等、図書館を訪れてみてはどうですか。新たな発見があるかもしれません。













・グランドデザイン

・学校教育目標
「温かい学校 感動あふれる学校」

・目指す学校像
○時を守る ○場を清める ○礼を尽くす

学校だより  4月 5月 6月 7月 7月A 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 最終号


         
「子どもの無限の可能性を求め、実践する学校」を目指して
共に高め合おう 創ろう感動体験 〜花と緑 潤いのある学校〜