学校長より
 
 
2018年12月学校だより
 「誇り」
長 田所 泰久  
 
  

11月のある休日の昼下がり、渋谷で開かれた、ミニ・コンサートを観に行きました。目当ては、仕事の傍ら、声楽にも力を入れている30代女性さんのソプラノです。この女性Y子さんは、同じ大学の仲間数名と、小さいながらもコンサートを開き、自分達の活動領域を広げていこうとして企画したそうです。歌を披露したのは3名でした。ピアノの演奏と合わさった音色が、晩秋の街によく馴染み、とてもすてきなコンサートでした。
 そのコンサートを観に来た、快活な30代女性がいました。この女性K子さんは、彼女の中学校時代の同級生で、同じバスケットボール部の選手でした。付け加えれば、Y子さん、K子さん二人とも、私の授業を受けた教え子たちです。コンサート終了後、彼女たちと少し話をすることができました。

K子さんは、国家公務員として10年以上働き、私もかかわりのあった科学技術施策に、いくつか携わっていました。国を動かすという仕事に、やりがいも難しさも感じていたようです。現在は、激務の仕事から離れ、大学で勉強したことを生かし、現在は、高等学校で教職についているとのことでした。K子さんから教わったのは、自分の仕事に熱意をもって取り組んでいる、その姿勢でした。誰かのために、自分ができることをしっかりやっていこう、という言葉を聴くことができました。それが、自分自身を高めていくことにもつながると加えていました。
 先のソプラノの女性Y子さんも、いまの自分の活動に誇りをもっていました。コンサートを開くことによって、自分達を高めていくとともに、みんなが楽しく集える場所を、たくさん創っていきたいと言っていました。あわせて、音楽の素晴らしさを、みんなと共有していきたいとも語っていました。

 11月中旬に、都内のある中学校の研究発表会に参加しました。そこの中学校2年生の生徒達が、教師側から題材を与えられ、それについて自分の考えを説明するという活動がありました。他校の先生方に、生徒である自分達の考え方や、自分の学校を、来校した参加者によく知ってもらうというねらいがあったように思います。感心したのは、彼ら生徒達が、自分達の学校が大好きで、かつ、これから、もっとよくしていこうという強い意志をもっていることを感じたことでした。
 そういえば、数年前の11月に参加した、茨城県のある中学校における生徒達の発表も見事でした。代表生徒が、自分達の学校を紹介するに当たって、何のためらいもなく「国際社会における私達若い世代のこれからについて」という趣旨の発言に、ただ圧倒されるばかりでした。

『誇り』というものは、単なる自慢ではなく、現況を把握した上でさらなる改善を図っていくという姿勢のもとで育っていくものだということを、あらためて実感しました。
 本校「上大久保中学校の誇り」、それは、何でしょうか。おそらく、現在の学校をよりよくしようという思いが一体となり、みんなで取り組んでいこうとしたときにできあがるものと、受け止めています。あと4か月、いまからできることを考えながら、日々奮闘していきたいと考えます。

11月15日に、市教育研修大会が行われ、私も市内中学校に伺いました。研究授業については、市の教育委員会の指導主事や、同じ区内の中学校の教職員の皆様の協力や支援で行われていました。そのときに、関係の先生方の言動から感じたことがあります。それは、自分達の教科に対するリスペクトです。一つの授業を作るのに、あらゆる角度から検討し、よりよいものにしていこうという気持ちが、さまざまな場面から感じました。それは、『誇り』と言い換えてもいいかもしれません。



・グランドデザイン

・学校教育目標
「温かい学校 感動あふれる学校」

・目指す学校像
○時を守る ○場を清める ○礼を尽くす

学校だより 4月 5月 6月 7月 7月A 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 最終号


         
「子どもの無限の可能性を求め、実践する学校」を目指して
共に高め合おう 創ろう感動体験 〜花と緑 潤いのある学校〜